ヴィニョーブル・ジル・ルヴェは、ワインメーカー、ネゴシアンとしては初めて2008年1月に炭素収支を出しました。この排出量計算方法は、他のメーカー、ネゴシアン全体に役だっています。
畑からお客様へ商品が届くまでを計算すると、有機農法はその環境を汚染しない農法からCO2の排出を抑制しているということがわかりました。 確かに、通常のブドウ栽培での化学肥料、殺虫剤、除草剤の使用は、有機栽培ではありえないCO2の排出を生み出しています。 この二酸化炭素排出の総括の計算法はADEME(フランスエネルギー開発、管理局)より認証されています。