多くのビオワインをご提案するために、ジル・ルヴェは、ラングドック・ルーシヨン、ローヌ峡谷、そしてボルドー地方の50の生産者と10の生産組合、総面積700ヘクタール、と提携しています。ジル・ルヴェの醸造家たちは、クライアントの厳しい品質基準に合うよう、醸造の全ての工程で立会います。
ヴィニョーブル・ジル・ルヴェは、ガール県に独自のビオワイン専用の醸造所を所有しています。ステンレス製とエポキシ樹脂塗料で仕上げたコンクリート製タンクを備えています。 この施設は、近辺住民に有機栽培の文化が浸透している峡谷の中心にあり、多くの企業が有機関連商品の活動をしており、多くのワインメーカーがそれに続いています。彼らの地域で、100%ビオワインのメーカーが活動し、ヴィニョーブル・ジル・ルヴェの販売が順調であるということは彼らに勇気を与え、それによって多くの生産者が有機栽培の方向へと向かっています。